福岡商工会議所の相談員に登録されました

HOTな社労士の碇です

 先日、福岡商工会議所の人事労務相談員に登録していただきました

4月に地域力連携拠点の専門家に登録していただいたのに続き、2度目の登録になります 

 今回は、BCP(Buisiness Continuity Plan)の相談員です  内容については訪問して

初めて聞かされたのですが、「BCP」という言葉すら聞いたことがなく、商工会議所のスタッフ

に教えていただきました  緊急時の事業継続計画のことだそうで、企業が被災しても重要

事業を中断させず、中断しても可能な限り短期間で再開させ、 中断に伴う顧客取引の競合

他社への流出、マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守るための経営

計画のことだそうです  実際には中小企業診断士の先生を核として推進されますが、私は

緊急時の労務対策といいますか、人材の確保、休業等の人事面での相談にのるという形で

お手伝いすることになりました  その後、船井総研のコンサルタントの村上先生とお会いした

際に尋ねてみましたが、東京や大阪でもBCPに社労士が絡むということはあまりないそうです  

企業のリスク管理の一環ということになりますが、特に新型インフルエンザが流行の兆しを

見せていることが会社経営者の危機感を募らせているようです  商工会議所主催のセミナー

は満員だったそうです


 先週の研修に引き続き、私にとっては初めての範疇になりますが、成長できる機会を与えて

いただいたのですから精一杯楽しみたいと思います

 社会保険労務士が活躍できるフィールドが広がってきたなぁと感じるこの頃です

 
[PR]

  by sr-ikari | 2009-06-13 10:58 | 仕事のこと

<< 坂本光司先生の講演を聴きました 宿泊研修を行いました >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE